スポンサーリンク
料理

冷凍エビフライの揚げ方でフライパンを使って揚げ焼きする方法や揚げ時間、温度は?解凍はしたほうがいい?

お弁当やパーティ、お子様のごはんに大活躍の冷凍エビフライ。 市販の冷凍エビフライは衣までついていてあげるだけなので忙しい主婦の味方ですが、揚げ方ってちょっと難しいんですよね。 衣が剥がれてしまったり焦げてしまったり、生焼けも心配ですし、失敗も付きものです。 冷凍のエビフライを上手に揚げるコツや、フライパンを使った揚げ焼きの方法、揚げ時間やタイミングの目安、解凍するかしないか、などについてご紹介いたします。
料理

玉ねぎを吊るすのはなぜ?保存期間と場所は外?結び方や使う道具は紐かネットだけ!

玉ねぎって年中価格も安定していますし、どんな料理とも相性がよくて、保存も効くので、常備しておきたい野菜の一つですよね。 そんな玉ねぎですが、大量に買うと安いこともあって、大きなネットに入ったものを買ってきたときに保存場所に困りませんか? 常温で保存すると、いつの間にかにドロドロになって腐ってしまったりして、もったいないですよね。 そんなときは、玉ねぎを吊るして保存するのがおすすめです。 玉ねぎを吊るしたほうがいい理由や正しい結び方、保存期間がどれくらい伸びるか、などについてご紹介いたします。
料理

ハマグリの砂抜きを短時間でするには50度のお湯で時間短縮?冷蔵庫なら一晩かかる?

ひな祭りや海鮮バーベキューに欠かせないはまぐり。 潮干狩りでもハマグリが採れるとなんだかうれしいですよね! 多くの貝類と同じようにハマグリも砂抜きが必要ですが、短時間で簡単に砂抜きする方法をご存知ですか? 50度お湯を使った方法が最近メジャーになってきましたが、海水と同じ濃度の塩水でゆっくりと砂抜きする方法もあったりして、どの方法が最適か、わかりにくいですよね。 そんなハマグリの砂抜きのあれこれについてご紹介いたします。
料理

おかゆを冷凍保存で日持ちはいつまで?冷凍や解凍方法、離乳食にもおすすめの保存容器は?

体調が悪いときや食欲がわかないときに活躍するのがおかゆ。 離乳食の時期の赤ちゃん用にもお粥は必要ですよね! 毎回お米から炊くのは時間がかかったり、お米を1合炊いただけでも大量におかゆができたりしますよね。 常温や冷蔵庫で保存できるといいのですが、おかゆは傷みやすくどうしても味が落ちてしまいます。 そこで、おかゆの冷凍保存方法や日持ちの期間はいつまでなのか、おいしい解凍方法や保存容器などについてご紹介いたします。
料理

早炊きの時間が何分かかるか炊飯器によって違う!味の違いや美味しく炊く方法とは?

朝起きたら、炊飯器のセットを忘れていた!なんて、どなたにも経験ありますよね。 ごはんがないとお弁当が作れないし、家族の朝食も困ります。 そんな時に活躍してくれるのが炊飯器の早炊きモードです。 他の家事や身支度をしている間にごはんが炊き上がってくれて助かりますよね。 そんな早炊きのできる炊飯器ですが、炊飯器によってもその機能や時間は違います。 早炊きモードにすると、ごはんがなんとなく固く仕上がるような気もしますし、おいしくご飯を炊くにはどうしたらいいのでしょうか? そんな炊飯器の早炊きについての疑問にお答えします。
料理

すき焼きの具材を入れる正しい順番は?綺麗な切り方並べ方や白滝は肉の隣でも大丈夫?

すき焼きを作る時に悩むのが、具材の入れる順番。 インスタ映えするように素敵な見た目のすき焼きを作ろうとしても、ぐつぐつ煮ているうちに食べる時には結局具材がぐちゃぐちゃなんてことよくありますよね。 すき焼きを作るときにおすすめの具材の入れ方や野菜の切り方、並べ方、白滝を入れる場所はお肉の隣はダメって聞いたことがあるけど、それって本当なのかなどについて、ご紹介していきます。
料理

フライドチキンの温めなおしはトースターでカリカリの美味しさ復活!オーブンやグリルも試す価値あり!

フライドチキンを買ってきたけど、意外とお腹いっぱいになって食べきれないということはよくあると思います。 そんな時は冷蔵庫などで保存しておいて、翌日に温めなおしますよね。 ただ、いざ温めて食べてみると、買ってきたときよりも全然おいしくないと感じることはないでしょうか? それはフライドチキンの温め方に問題があるからなんです。 フライドチキンは電子レンジをつかうよりも、トースターやオーブン、魚焼きグリルを使うことで、買ってきたときと同じようにおいしく復活することが出来るんです。 今回は、フライドチキンをおいしく温めなおす方法をご紹介します。
料理

刺身の消費期限が1日過ぎた次の日は食べられる?翌日は加熱したり漬けで!冷凍は? 

日本人なら好きな方が多い新鮮なお刺身。 生ものですので消費期限が短く、スライスして盛り合わせとなっているものだと当日中が期限と記載がありますよね。 でも、買ったお刺身を食べきれないケースもありますし、ご主人が突然の飲み会でせっかく買っておいたお刺身が無駄になってしまった・・・なんてことも結構ありがちです。 食べることができなかったお刺身の賞味期限はいつまでなのでしょうか? 消費期限の翌日は食べられるのかや、加熱して食べる方法、消費期限切れの次の日にお刺身を漬けにして食べる方法などについてご紹介いたします。
料理

大根のおでんに最適な部位って?切り方や冷凍とレンジ技で味を染み込ませる方法!

おでんの主役とも言える大根。 中までじっくりと味が染みた大根は、おでんの中でも特に人気のある具材の一つです。 そんなおでんの大根を選ぶときに気になるのが、おでんにしたときに一番おいしい部位はどこかということではないでしょうか? 大根は、上部、中間、下部で適した料理が違ってくるんです。 おでんに適している部位はどこなのでしょうか? よく味が染みこむ大根の切り方や下ごしらえの方法なども合わせてご紹介いたします。
料理

白菜の黒い点は食べれる?カビや虫じゃないなら何?葉っぱの斑点ぶつぶつは食べられる成分!

寒い時期になると、いろんな味を楽しめる鍋料理が美味しくなりますよね。 みんなで食べるとより美味しいお鍋の具材には、「白菜」が必ずと言っていいほど入っているのではないでしょうか。 そんな白菜ですが、調理する際によく見てみるとなぜか黒いブツブツの点がついている場合がありませんか? 特に白い部分についていると余計目立っていてとても気になりますよね。 ぶつぶつした模様が虫やカビみたい・・・で、とても美味しそうには見えませんが私たちが食べると何か問題でもあるのでしょうか?